BLOG

ブログ

  • Top
  • Blog
  • 検索エンジン最新トピック【2022年10月版】

検索エンジン最新トピック【2022年10月版】

ブログサムネイル

今回は、2022年10月に更新された、検索エンジンに関わる最新情報をご紹介します。

GoogleWebマスター向けガイドラインが更新

https://developers.google.com

2002年にGoogleから公開された、サイト所有者向けの一連のガイドラインを記載した「ウェブマスター向けガイドライン」ですが、10月に再編成版がリリースされ、名称も「Google検索の基本事項」に変更されました。

Google検索の基本事項では、下記の3つを重要な要素として紹介しています。

技術要件: Google 検索でウェブページを表示させるためにウェブページに必要なもの。

スパムに関するポリシー: 掲載順位が下がったり、Google 検索の検索結果から完全に除外されたりする原因となる行動や手法。

主なベスト プラクティス: Google検索結果でのサイトの表示を改善するための主な方法。

名称は変更されましたが、検索結果の上位に表示されるようにするために重要な内容は大きく変わらず、有用で信頼性の高くユーザー重視のコンテンツを作成していくことが、引き続き求められます。

Google検索でのサイト名の表示

https://developers.google.com

Google検索において、モバイル検索結果にサイト名が表示されるようになりました。

モバイル検索結果にサイト名が表示

これにより、各検索結果に関連付けられているウェブサイトの特定がより簡単になります。

また、構造化データを使用して、希望のサイト名を示す方法やファビコンに関するドキュメントも紹介されています。

スパムアップデートをリリース

https://twitter.com/googlesearchc

スパムアップデートとは、文字通り検索結果からのスパム排除を目的としたアルゴリズム更新を指します。

また、スパムに関するポリシーもより関連性の高い例を取り上げ、より正確な表現を使用するように改訂されました。

下記に、ポリシーの一部をご紹介します。

・クローキング

検索ランキングを操作したりユーザーに誤解を与えたりすることを目的に、ユーザーと検索エンジンに異なるコンテンツを表示する行為は禁止されています。

・誘導ページ

誘導ページとは、特定の類似検索キーワードで検索結果の上位に表示されることを目的に作成されたサイトまたはページを指します。
(例)特定のキーワードでユーザーの流入を得るためだけに、一部のキーワードを入れ替えるなどしてページを大量に作成する。

・隠しリンク

隠しテキストや隠しリンクといった、検索エンジンを操作することのみを目的としてページにコンテンツを配置しながら、人間のユーザーには見えにくいようにする行為は禁止されています。

・キーワードの乱用

キーワードの乱用とは、Google 検索結果を操作する目的で、ページにキーワードや数字を詰め込む行為のことです。

・リンクスパム

Googleの検索結果を操作することを目的としたリンクは、リンクスパムと見なされる場合があります。

上記以外にも様々なポリシーがありますので、ぜひこの機会に、自分のサイトに当てはまるものはないかチェックしてみましょう。
https://developers.google.com

Search Consoleのパフォーマンスデータのフィルタリングと制限の詳細

https://developers.google.com/

Search Consoleで、使用可能なデータとGoogleがそのデータをどのように処理するかについて詳しく説明した投稿が公開されました。

終わりに

本日は、2022年10月に更新された、検索エンジンに関わる最新情報をご紹介しました。

今後も定期的に新しい情報をお届けしていきますので、ぜひ皆さんのサイト運営にお役立ていただければと思います。

筆者

メディア編集部

クランチタイマーのメディア編集部です。 話題になった最新のWebサービスやアプリなど、ITに関するトレンド情報をお届けします。

  • Follow me:

SHARE:

最新情報を確認する

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

TEL082-236-1186

NEWSLETTER

代表の佐々⽊が⽉に1回お届けするメールマガジン。
国内外スタートアップの最新情報や最新技術のサマリー、クランチタイマーの開発事例紹介など、ITに関する役⽴つ情報を中⼼にお送りします!