新卒

ENTRY

中途

ENTRY

新卒エントリー

中途エントリー

仕事紹介

エンジニア
S・M

クランチタイマーにエンジニアとして参画し、もうすぐ一年が経ちます。
主な業務内容としては、サービス、システム、Webサイトの作成など、いわゆる「開発」を毎日行っています。

「かっこいいサイトを作りたい」「より便利なシステムを作りたい」などお客様の要望に応えるために、毎日情報をキャッチアップし、試して、実務に生かすということが非常に大事な職業だと思います。
IT業界の流れはとても早く、世界規模で考えれば、1日に何百のサービスが世の中に生み出されています。その為に必然的に開発を行う側も技術の移り変わりが早いです。

クランチタイマーでは、お客様により良い物を提供する為に、新しい技術を積極的に導入しています。広島では新しい技術を使用している企業は少ないので、企業様向けに勉強会を開くことも少なくありません。

こんな話を聞くと難しそうと思われたり、専門的な学部や学校を卒業していないと無理ではないかと思われそうですが、私自身が未経験であり、文系出身です。まだまだ未熟ですが、ネットが好きな方や、新しいことに敏感な人はそれだけで素質があるかと思いますし、クランチタイマーにはそんな方にぴったりのフィールドだと思います。

デザイナー
N・I

私はこのクランチタイマーにデザイナーとして参画して、沢山の壁に当たってきました。
デザイナーという仕事は、どの職種よりも仕事の幅が大きいと思っています。Webデザイナーは、主にワイヤーフレームと呼ばれるサイトの骨組み、カンプと呼ばれるサイト全体の構成や装飾です。ですが場合によっては、キャッチコピーからコーディングまで携わります。

デザイナーは『派手な仕事』や『表舞台』と思われがちなのですが、実は違います。デザイナーは地道な作業の連続です。素材一つ一つを作る事にも拘りを持つ心が必要です。逆にWebデザイナーになれば、Webサイト完成までの全工程を習得できます。

デザイナーになるのに専門的な知識が必要なんだろうかと思われる方もいるかもしれませんが、そんなことは決してないです。専門的な知識が身についているとより早く実務を経験できますが、全く知識がない状態でも基本的な知識さえ頭にいれてしまえば、あとは努力でカバーすることができます。
流行に敏感な方、地道な作業ができる方、なんでも挑戦する勇気のある方は、絶対にWebデザイナーに向いています!
クランチタイマーは、挑戦して上を向き続ける人間には最大のチャンスを与え続けてくれます。私ももっと次の段階へ進み続けます。是非一緒に階段を駆け上がっていきましょう。

ディレクター
J・U

ディレクターとは、ディレクション業務をする人のことで「監督」や「指揮する人」を意味しています。クライアントの要望と制作スタッフ(デザイナー、ライター、コーダー、プログラマーなど)をまとめ、進行管理、品質管理などをする仕事です。又、制作スタッフとクライアントをつなげる架け橋にもなっています。
コミュニケーション能力はもちろんのこと、スケジュール管理や状況把握できる能力がディレクターという職種では必要不可欠になっています。

ディレクターはデザイナーが使用するツール(イラストレーターやフォトショプ)を使えなければならないと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。プランニング、コンテンツ制作などの「企画力・提案力」や、プログラミング、デザイン、HTML・CSSコーディング等の「理解力」が一番大切です。
理解力を培い、どの工程でも的確に指示を出していきます。
ディレクターという役割は誰よりも努力が必要だと僕は思っています。なので、技術などは関係なく補うための努力ができる方が一番ディレクターに向いています。

他の会社ではデザイナーを経てディレクターになる方が多いと思いますが、僕の場合はその工程はなくディレクターになりましたので、専門知識がないと不安な方も安心してください。
クランチタイマーはやる気さえあれば、なんでも挑戦することができます。
それが僕がクランチタイマーに入って良かったと思えることですね。

マーケター
H・A

現在、Webマーケティングの仕事をしています。
Web集客、戦略、企画、SNSの運用、コピーライティングなど、マーケターの仕事はこれ!と決まっているわけではなく、とても広く、重要な役割を果たす仕事です。
常に顧客目線で物事を考え、企画や戦略を練っていきます。もちろん、企画や戦略はすぐに思いつくものではありません。そのために世の中のトレンドや動きにアンテナを貼り、何が注目されているのかを知っていなければいけません。
「考える力」「感じ取る力」「実行する力」全ての要素が必要です。

クランチタイマーでは、何でも挑戦できる場所です。自分に何が足りないのか、何を学びたいのかがはっきり分かればそれに向かって全力を注ぐことができます。

仕事以外でのクランチタイマーのいいところは、オンとオフの切り替えがハッキリしているところです。仕事をするときはとことんやる、オフのときは社内にあるダーツや卓球で遊んだりしています。会社が広島市の中心部なので金曜日にはみんなでご飯にいくことも多いです。
まだ入社して間もないですが、今後はデジタルの変化に対応できるマーケターを目指してどんどんステップアップしていき、まだ世の中にない新しいサービスを作っていきたいと考えています。