BLOG

2014年1月21日/ WordPress, ノンプログラマー,

ノンプログラマーWordPress入門|初期設定でやったこと

 

プラグインなどを使用してノンプログラマーでもブログを構築できるWordPressをインストールしました。その際、いろんなサイトを参考にしながら、初期設定を行いましたが、実際に最初にやったことをまとめます。

 

1.adminの削除とパスワードの変更

adminのままではセキュリティ的に問題ありなので、下に紹介する方法でユーザー名を変更しました。

新規ユーザー(管理者)の削除方法

1.「ユーザー」‐「新規追加」を選択します

2.ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力します。

「権限」で「管理者」を選ぶことが重要です。
パスワードは、「強力」と判断されるくらい難しいものにしましょう。

3.「新規ユーザーを追加」をクリックして、登録を完了すると、管理者が追加されます。

4.adminをログアウトし、登録したユーザーでログインします。

5.「ユーザー」‐「ユーザー一覧」からadminにマウスオーバーして「削除」をクリックします。

6.adminの投稿などを、新規追加したユーザーに割り当てます。

1:20

デフォルトでは「すべての投稿とリンクを削除」がチェックされているので注意してください。
ドロップダウンリストから、新規追加した管理者を選択、「すべての投稿とリンクを次のユーザーに割り当てる」をチェックして「削除を実行」をクリックします。

7.adminが削除され、新規追加したユーザーに投稿が割り当てられます。

8.いったんログアウトして、adminでログインしてみるとエラーメッセージが表示されてログインできないはずです。

 

2. パーマリンクのカスタマイズ

WordPressを運用する上で、必ずといっていいほど、変更した方が良いと書かれています。パーマリンクとは固定リンク、つまり、サイトのURLのことです。URLは途中で変更すると、これまでの被リンクやソーシャルメディア、検索エンジン検索が無駄になってしまうので、一度決めたら変更しないようにします。これはSEO対策に有効となります。

こちら(WordPressのパーマリンクはどの形がベストなのか)を参照し、「設定」>「パーマリンク設定」を「デフォルト」から「カスタム構造」を選択しました。このブログでは、「/%category%/%postname%/」を指定しています。

/%category%/%postname%.html

 

3. プラグインを使えるようにしておく

WordPressをインストールしたときに調べた使えそうなプラグイン集です。
いろいろなサイトで最初に入れておくべきプラグインとたくさん紹介されていますが、いろいろと使用してみて用途に合った物を選びます。CrunchTimesでは以下のプラグインを使用しています。

プラグインの導入方法は、管理画面から直接インストールする方法と、ダウンロードしてきたプラグインをFTPで転送してアップロードして適用させる方法があります。WordPress管理画面の「プラグイン」メニューの中にある「新規追加」メニューからインストールする方法が簡単でした。


Akismet

Akismetは、WordPressに最初からインストールされているもので、スパムコメントの数をほぼゼロにしてくれるプラグインです。利用するためにはAkismet API keyが必要になります。


WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patchは、日本語などのマルチバイトを正しく扱うために開発されたプラグインです。WordPressに標準で搭載されているのでプラグインを有効化することで使用出来ます。


Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps – WordPress.org
XMLサイトマップとは、検索エンジンにサイト内の情報を告知するためのファイルです。記事を書いたり、更新する度に XML で書かれたサイトマップを自動で生成、更新してくれます。


All in One SEO Pack

All in One SEO Pack – WordPress.org
All in One SEO Packは内部SEOを細かく設定できるプラグインです。具体的には記事ごとに description や キーワードを設定できたりできます。


Contact Form 7

Contact Form 7 – WordPress.org
メールやお問い合わせフォームを簡単に作成できるプラグインです。記事内に「タグを作成」で作成したコードを貼付けることで使用できます。


Breadcrumb NavXT

Breadcrumb NavXT – WordPress.org
Breadcrumb NavXTは、WordPressの投稿と固定ページに「パンくずリスト」を表示できるプラグインです。


WP Social Bookmarking Light

WP Social Bookmarking Light – WordPress.org
「ツイッター」「Facebook」「Google +1」などのソーシャルボタンを簡単に設置できます。はてなブックマーク、Linkedin、カスタムボタンも設置可能です。


Jetpack by WordPress.com

Jetpack by WordPress.com – WordPress.org
たくさんの機能をもったツールが一度にインストールできるので、スターターキットとして使用出来ます。


TinyMCE Advanced

TinyMCE Advanced – WordPress.org
ノンプログラマーには必須のプラグインです。ビジュアルの標準では備わっていない文字サイズの変更や文字背景色を設定出来ます。


WP-Slimbox2

WP-Slimbox2 – WordPress.org
メディアを選択したときに、標準設定では別ページに飛びます。しかし、このプラグインで「ふわっ」と画面に浮き上がって表示されます。

 

4. ウィジットを使えるようにしておく

1:20_2

上のスクリーンショットのように、Jetpack by WordPress.comを有効化するとウィジィットを使用できるようになります。これで、コードで設定しなくてもサイドバーやフッターにFacebookやTwitterのリンクBOXが設定できます。他にもカテゴリーやカレンダーも設定可能です。

 

次回は、Akismet API keyの設定方法について紹介します。

Resent Posts

Category