BLOG

2015年3月16日/ CakePHP, フレームワーク,

[PHP] CakePHPをCentOSにインストールする詳細手順まとめ

こんにちわ。上本です。
春先の花粉にやられて、鼻水がズルズルと止まりません。

 

さて、今回はPHPの3大フレームワークであるCakePHPのインストール方法をご紹介します。
CakePHPって何がいいかって、インストールが簡単なところです!
他のフレームワークと違ってファイルをアップすれば動きますからね~

 

時間にしてざっと数十分程度。ではいきましょう!

 

※本記事ではドメインの代わりにローカルサーバのIPアドレス(192.168.11.200)を使用しています。
実際の設定では、ご自身のドメインやサーバのIPアドレスに置き換えてください。

 

環境について

今回CakePHPをインストールする環境情報です。

 

OS:Linux CentOS release 6.6 (Final)
Webサーバ:Apache/2.2.15 (Unix)
言語:PHP 5.4.38(cli) (built: Feb 19 2015 18:03:54)
フレームワーク:CakePHP 2.6.2(github最新バージョン 2015/3月現在)

 

CakePHPのダウンロード

まずは、LinuxにログインしてgitコマンドでCakePHPの本体をダウンロードします。
※今回はCentOS標準の公開ディレクトリにインストールします。

 

ついでにディレクトリ名もわかりやすいように変更しておきましょう。

「192.168.11.200」ディレクトリができていればOKです!

httpd.confの編集

CakePHP本体をLinuxサーバに用意できたら、次はApacheの公開設定を行います。

 

設定が終わったら設定確認後、Apacheを再起動しましょう!

 

CakePHPを動かしてみる

ここまでできたら実際に現状のページを確認してみましょう!

CakePHPエラー1

 

!?
白い画面にエラー文字がつらつらと表示されました。
この段階で大きくエラーが2種類あります。

 

  • php.iniのタイムゾーンが設定されていない
  • キャッシュを書き込むためのアクセス権がない

 

というわけで対応しましょう。

 

タイムゾーンの設定

 

アクセス権の付与

 

再確認

設定が完了したので、再度画面を確認しましょう!

CakePHPエラー2

それっぽい画面が出てきましたね。
この画面がCakePHPをインストールしたときに出る、初期画面です!

 

Security.salt、Security.cipherSeedの変更

画面を見てみると、赤い枠でいかにもエラーのような警告文が2箇所出力されています。

Notice (1024): Please change the value of ‘Security.salt’ in APP/Config/core.php to a salt value specific to your application. [CORE/Cake/Utility/Debugger.php, line 846]

Notice (1024): Please change the value of ‘Security.cipherSeed’ in APP/Config/core.php to a numeric (digits only) seed value specific to your application. [CORE/Cake/Utility/Debugger.php, line 850]

 

これらは、標準で設定されている各値を変更してくださいとあります。
実際のファイルの中身はこんな感じです。

 

ちなみにそれぞれ何の役割をしているのかというと、

Security.salt:ハッシュキーを生成するときに使用される文字列(英数字)
Security.cipherSeed:暗号化と復号化で使用する文字列(数字のみ)

とありますので、標準設定のまま開発を進めると、セキュリティ的に問題があるので変更してしまいましょう。

 

変更箇所は「Security.salt」と「Security.cipherSeed」の値をランダムな文字列に書き換えてあげればOKです

書き換えた後は、ブラウザを更新してみましょう。

 

20150312-3

先ほどの「Security.salt」と「Security.cipherSeed」の警告が表示されなければ正しく設定されています!

 

まとめ

今回はCakePHPを最低限動作させるまでのインストール方法を紹介しました。
CakePHPは他フレームワークと比べ比較的簡単にインストールができますので、フレームワークを検討されている方などは、一度ご自身でインストールして触ってみてはいかがでしょうか。

 

他にもSymfonyZendを筆頭に様々なPHPフレームワークがありますが、僕としてはぜひ一度触っていただきたいフレームワークかなと思います。

 

Resent Posts

Category