BLOG

2015年1月17日/ iPhone, Siri, 時短

iPhoneユーザ必見!音声認識機能[Siri]のフル活用時短テクニック

どうも、植田です。
広報を担当している関係で、両手がふさがっていることが多い今日この頃です。
取材に営業に撮影に執筆に昼寝に。。などなど自ずと1人作業を強いられることもしばしば。

そんな日々の中、iPhoneの音声認識機能「Siri」の機能向上が半端ないという噂を鵜呑みにし、実証してみました。

 

その結果、iPhoneを手放しているのに手放せなくなりました。

 

iPhoneを使っている人であれば、こんな経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

Siri

 

意図せずホームボタンが長押しになってピコンという音と共に音声認識画面に切り替わったことがあるという人。
この機能が煩わしいと設定をOFFにしている人も少なくないはずです。

 

ただ、このApple社が開発した音声認識機能Siriは、生活を一変させるハイテクなものになっていました。

 

物は試しということで、まずはSiriを起動して「はじめまして」と話しかけてください。

Siriを起動できないという方は「音声アシスタント機能「Siri」の使い方をキャプチャ画像を交えて解説。」を参照ください。

 

Siri_はじめまして

 

同じ言葉でも回答が違ったりと、これだけでも一昔前の音声認識機能に比べると精度が上がっていることは明確です。
少々の小声でも反応してくれるあたりは、聞き取ってもらえるレンジがかなり広がったことを実感します。

 

ストレスなく会話を続けることも可能なので、つい色々と聞いてしまいました。

 

ストレスない会話

 

なにも1人で淋しい時間を潰してくれるだけではありません。

 

siri使い方

 

電話をかける場合には相手の名前の後に「電話」と付け加えれば、かけたい相手へ電話開始。

メールをしたい場合には「メール」と囁き、そのあとはSiriに従えばいいだけ。

 

メールやり取り

 

他にもインストールしたアプリの起動、カレンダーへ予定登録、道案内といった非常に優れた秘書として活躍してくれるのです。

 

こんな質問にも即答してくれるSiriは、だんだん愛おしくなってしまいます。

 

面白い会話

 

では、ここでちょっと人に教えたくなる機能を紹介しましょう。
下記の手順でデフォルトで女性の声になっている設定を男性に変更することができます。

 

siri_setting
▲設定 → 一般 → Siri → 声の性別で変更可能

 

このようにSiriは進化し続けているのです。
とはいえ、音声認識技術は今に始まったものではなく、一昔前から試行錯誤を繰り返してきた技術なのです。

 

今後のSiriの進化にも是非注目していきましょう!

 

Resent Posts

Category