BLOG

2014年2月8日/ chrome, cyberduck, dropbox

WindowsからMac乗り換え時に設定しておきたいこと

 

 

WindowsからMacに乗り換えるとユーザーインターフェースの違いで戸惑うことがたくさんあります。

できるだけ共通化してMacを便利に使いこなす方法をご紹介します。

 

 

キーボード

WindowsからMacへの乗り換えで戸惑うのがキーボートの入力方法です。

特に「l (エル)」を使った小文字入力は癖になっている方も多いでしょう。

 

「l (エル)」による小文字入力

 

システム環境設定 > キーボード > 入力ソース >

「Windows風のキー操作」にチェックで「l (エル)」入力による小文字入力ができるようになります。

 windows_keyboard_input

 

 

ファンクションキーの変更

 あと、変えたいのがファンクションキー。

デフォルトでは「F1」などを押してもアイコン側が動作してしまうので下記で切り替えます。

 

システム環境設定 > キーボード > キーボード

「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェック。

 

functionkey

 

音量やディスプレイの明るさなどを変更したい場合は、「fn」キーを押しながらそれぞれのファンクションキーを押すことでアイコンの動作をします。

 

 

chromeのF5でリロード 

 

ブラウザリロードでF5を押してしまうのもWindowsユーザーの特徴ですね。

MacではデフォルトでCommand + R ですが慣れません。そんな場合は下記で設定しましょう。

 

システム環境設定 > キーボード > ショートカット

 

keyboard_setting_shortcut

 

アプリケーションタグ(左メニュー)を選択し、「+」ボタンをクリック後、メニュータイトルに”ページを再読み込み”と入力し設定します。

 

keyboard_reload

 

 

これでF5によるリロードができるようになりました。

 

 

アプリインストール

 

最低限の設定が完了した後はアプリもインストールしていきましょう。Windowsに限らずMacも便利なアプリがたくさんあります。

 

 

Chrome (Googleアカウントにてログインすればブックマーク等が同期)

chrome

 

 

dropbox (インストールするとWindowsとのファイル共有が便利に)

Dropbox-logo

 

 

Skype (遠方との電話会議に)

skype

 

The Unarchiver (MacとWindows間でzip等の圧縮ファイルは文字化けを起こすことが多いのですが、このアンアーカイバーを使えば文字化けを防ぐことができます。)

theunarchiver

 

 

Gimp (PhotoshopやIllustratorは高価なのでFreeのイラストツールを)

gimp

 

 

Cyberduck (FTPツール)

cyberduck

 

 

xCode (iOSなどMac用開発ツール)

Xcode

 

 

まだまだ様々な便利なアプリがあります。いろいろ使ってみてください!

 

 

Resent Posts

Category