BLOG

2015年1月30日/ IoT, インターネット,

インターネットが大好きなクランチタイマーが1月に注目したスタートアップまとめ(2015)

こんにちは、佐々木です。
新年1発目のまとめです。

 

クラウドファンディングを中心にIoTが目立つこのごろ。
DMM Makeなど、比較的安価で簡単に”モノ”が作れる時代になってきたのでワクワクしますね!

 

【参考:過去の月間まとめ記事】
インターネットが大好きなクランチタイマーが12月に注目したスタートアップまとめ(2014)
インターネットが大好きなクランチタイマーが11月に注目したスタートアップまとめ(2014)
インターネットが大好きなクランチタイマーが10月に注目したスタートアップまとめ(2014)

 

【注目:過去のオウンドメディア運営まとめ記事】
自社サイトをオウンドメディア化して3ヶ月後の経過まとめ

 

1月に注目したスタートアップまとめ

 

nevo

nevo

Indiegogo

nevo」は活動のトラッキングや着信通知機能などを搭載したミニマルなスマートウォッチ
シンプルな文字盤デザインですがインデックス部分にLEDインジケータが埋め込まれていて、専用アプリで毎日の目標(歩数、距離、消費カロリーなど)を設定しておくと、その日に何%まで達成したかわかるようになっているとのこと。
一見、スマートウォッチとはわからないデザインですが、今後ガジェット色の強いものと2極化していきそうですね。

 

Doughbies

Doughbies

https://doughbies.co/

フードスタートアップの「Doughbies」をご紹介。
サービスは大きく2タイプあって、1つは20分以内に2種類から選べるハンドメイド特製チョコチップクッキーを届けるというもの。
もう一つはマーケットプレイス型で、ECサイトから食べたいクッキーを選んで配達時刻を指定するもの。

 

フードデリバリーのスタートアップでは国内だと「bento.jp」に勢いを感じますが、国内で同じサービスを提供しようと思った時、クッキーなどのスイーツではユーザーとの接触頻度が少なくスケールが難しいように感じます。

 

Nanoplug

Nanoplug

Indiegogo

またまたクラウドファンディングIndiegogo」からご紹介。
世界最小の補聴器Nanoplug」は大きさが「7.1 × 5.7 × 4.17mm」とかなりコンパクトで、現在市販されているどんな補聴器よりも小さく、なんと!コーヒー豆より小さいため、全く装着していることがわからないほどだそうです。

 

さらにソフトウェアで自分の耳に最適化する仕組みも備えていて、まさにイノベーションといったプロダクト
今後さらにIoTによるイノベーションが進んでいくことを感じるプロダクトです。

 

ONI Tsukkomi

ONI Tsukkomi

https://www.oni-tsukkomi.jp/

今年1月13日にローンチされたばかりの国内のサービス「ONI Tsukkomi」。
Webサイトに対するユーザーの指摘を集められるツールでサイト改善に使うサービス。

ユーザーはブラウザの画面上に直接付箋紙を貼り付けるようにコメントを残せ、サービス提供者はそのコメントを収集して分類し、対応するかどうかを担当者に振り分けることができます。

 

Roost

Roost

https://roost.com/

倉庫のシェアリングサービス「Roost」。
家の余分な空きスペースや倉庫、車庫などを貸し出し、スペースを必要とする人とを結びつけることに成功したマーケットプレイスサイトです。

 

広い家に住みスペースを持て余している人、また逆に物を置くスペースがなくて困っているという人をつなぐ役割を果たすことが期待されている同サイト。
ただ両者をつなげるだけでなく、見知らぬ者同士が利用することから、問題があったときの責任の所在を細かく規定し、また保険を充実させるなどして安全性や信頼性を確保しているようです。

 

AirBnb」や車の空きシートを貸して乗り合い人を集める「BlaBlacar」のようにスケールする可能性があるシェアリングビジネスはまだまだ大注目です。

 

Simila.Me

Simila.Me

https://www.simila.me/

台湾発のイベント管理アプリ「Simila.Me」。

 

パーティーやミートアップなど、イベントの参加者同士で、価値観や共通点を可視化することができるアプリ
同じ国に行ったことのある人、同じ趣味を持つ人、業界、飲食習慣などで接点のある人を探することができ、互いに会話の糸口も見つけやすいのが特徴とのこと。
名刺交換に代えて相手との連絡先交換が可能で、仕事関係に特化したSNSの機能も持っているのも注目です。

 

Cardoc

Cardoc

http://www.cardoc.co.kr/

最後は韓国のスタートアップ「Cardoc」をご紹介。
Cardocは自動車外装修理の見積金額を比較できるマーケットプレイスで、スマートフォンで修理が必要な車の写真を撮影し、アプリを使って写真をアップロードすると、近隣の評価の高い修理会社から見積もりが寄せられるサービス。

 

ポイントは輸入車外装修理市場というセグメントでサービスを展開しているところで、客単価や修理会社のクオリティも高いもののみにフォーカスしているようです。

まとめ

ということで、2015年一発目のまとめでした。
いかがでしたでしょうか?

 

Kickstarterではなく、Indiegogoからのガジェットが気になった1月でした。
日本でも面白いガジェットがどんどんリリースされるといいですね!

 

Resent Posts

Category