BLOG

2014年9月30日/ インターネット, スタートアップ,

インターネットが大好きなクランチタイマーが9月に注目したスタートアップまとめ(2014)

こんにちは、佐々木です。
クランチタイマーは広島でiPhoneアプリやAndroidアプリなどの開発を行なっている会社ですが、海外のインターネットサービスを中心にビジネスモデルを日々研究しています。

 

そんな研究の中から9月に特に気になったスタートアップをまとめましたのでご紹介します!!

 

9月に注目したスタートアップまとめ

それでは見ていきましょう!

 

Holiday

holiday

https://haveagood.holiday/

クックパッドといえば料理レシピですが、そのクックパッド社からリリースされたのが休日のお出かけプランを投稿、共有できるサービス「Holiday」。

 

Holidayは登録済みのスポットを探してそれぞれにコメントを投稿することでユーザーがお出かけのプランを作ることができ、それをユーザー間で共有できます。
まさにお出かけ版のクックパッドといえるこのサービス。要チェックですね!

 

WhatWine

whatwine

http://www.whatwineapp.com/

ワインソムリエをiPhoneアプリで実現したサービス「WhatWine」。
このiPhoneアプリはOCRでレストランのワインリストをスキャンし、ワインデータベースと照合してユーザーのメインディッシュに合わせてワインをセレクトしてくれる優れものです。

 

ワインの種類は膨大で専門性が問われるのですが、店内にソムリエを配置するのはよっぽどの高級店でないと難しいところ。
かといってお客さんに50種類ものワインリストを見せても悩ませるだけなので、これをもっと手軽に解決する手段としてサービス化されたようです。

 

Scrumpt Box

scrumpt

http://www.scrumptbox.com/

子供のお弁当の食材とレシピを自宅に届けてくれるサブスクリプションサービスScrumpt Box」。
毎日忙しい中、お弁当を作るお母さんに代わって栄養バランスも考慮してメニューを考え食材を届けてくれます。

 

仕組みとしては週に一度、一週間分の食材が入ったボックスが自宅に届くため、買い物や献立を考えなくてもオッケーです!

 

NEXT Restaurant

next_restaurant

https://www.nextrestaurant.com/

レストランの食事コンサートのようにチケット制にしたサービス。
世界で最も予約が難しいレストランーベスト50」で3位に選ばれるなど話題のレストランです。

 

もともと予約が殺到していたレストランで、電話予約の対応に手一杯になったことからコンサートチケットに目をつけて、食事をチケット制にしたそう。
平日と休日でチケットの値段が違ったり季節毎に違うメニューをチケットで販売するなど、斬新な取り組みがウケています。

飲食以外にも、予約制の業態にはいろいろ応用できそうですね!

 

オフィスおかん

オフィスおかん

http://office.okan.jp/

設備投資無しで社食を簡単に導入できるサービス「オフィスおかん」。
システム使用料は最低30,000円から利用でき、1品100円から食事が購入できるのが特徴です。

 

Warable Intelligene

Warable Intelligene

http://wearableintelligence.com/

有名なベンチャーキャピタルAndreessen Horowitz(a16z)もシードファイナンスで投資したGoogleグラスなどのウェアラブルデバイスを活用したサービス。

 

医療や作業現場で利用されるサービスで、例えばエネルギー業界では採掘の現場作業者が安全かつ適切に作業が行なうことができるようにグラスに情報を表示したり、ドクターがオペ中に患者の状態をモニタリングするなどの使われ方をしています。
ウェラブルデバイスの領域はまだまだ新しいサービスが出てきそう。注目です!

 

ZIRX

zirx

http://zirx.com/

ニューヨークなどのアメリカ都心部では誰でも困るのがパーキング
人口に対して極端にパーキングが少なく、駐車待ちで時間をロスすることが日常茶飯事のようです。

 

ZIRX」はパーキングが見つからない人のために代わりに駐車をしてくれるサービス。

車を預けると有料でパーキングに停めてくれるので、都市部に着いたらすぐに出かけることが出来て時間を無駄にしません。
ZIRXと提携するオフィスやレストランに到着すると係員が対応してくれて料金は15ドルから利用できるようです。

 

Product Hunt

Product Hunt

http://www.producthunt.com/

こちらも有名なベンチャーキャピタルAndreessenHorowitza16z)案件です。

 

プロダクトの情報やアップデート情報のアグリケーションサイトで、カテゴリとしてはプロダクトのデータベースCrunchBaseなどと同じスタットアップの情報プラットフォームのような部類に属します。
実際、検索性も優れているようで、投資家がスタットアップの発見に使ったりしているようです。

 

Funderbuilt

Funderbuilt

https://www.funderbuilt.com/

最後はクラウドファンディングサービスのご紹介。
クラウドファンディングビジネスでは後発ながらアメリカミシガン州でローンチされた「Funderbuilt」は、多くの他のサービスがサクセス金額の10%〜20%などの手数料でビジネスをしている中、最大250ドルという手数料の価格破壊で市場に参入しました。

 

しかも、サクセス金額の5%が250ドルに満たない場合は、その金額が手数料となります。

クラウドファンディング自体は差別化しづらいサービスなので、今後も新たなビジネスモデルが生まれそうな予感です。

まとめ

以上、今月のスタートアップまとめでした。
いかがでしたでしょうか?

 

今月は特別変わったサービスは無く、どれも納得の内容でした。
まだまだ隙間を狙ったプラットフォームビジネスはあるように思います。

 

来月もまた調査結果を発表できるように研究していきますのでお楽しみに!

Resent Posts

Category