BLOG

2014年8月21日/ クラウドファンディング, 支援,

チャレンジャーを支援する話題のクラウドファンティングとは!?

こんにちわ、新しいWEBサービスを探すのが大好きな宮本です。

この度クランチタイマーは新しいWEBメディア「FUNDING HEADLINE」のβ版をローンチいたしました。

FUNDING HEADLINEとは、いくつかのクラウドファンディングサービスの中から特に魅力的だと思ったプロジェクトを取り上げ紹介するサービスです。

今日はそのFUNDING HEADLINEを紹介したいと思いますが、その前にそもそもクラウドファンディングって何?と思われる方も少なくないかもしれません。

ここ数年「クラウド」という言葉が流行っており、その「ファンディング(=ファンド)」なので「インターネットでお金を集めること?」と感のよい方は思いつくかもしれません。

結論だけ言えば正解です。しかしその詳しい仕組みはまだ知らない方が多いのではないでしょうか。

今日はそのクラウドファンディングの仕組みと、代表的なクラウドファンディングサービスの紹介、最後に弊社サービス「Funding Headline」の紹介をさせていただきます。

目次

  • クラウドファンディングの仕組み
  • クラウドファンディングサービスの紹介
  • FundingHeadlineについて
  • 最後に

クラウドファンディングの仕組み

冒頭でも記載しましたが、クラウドファンディングはインターネットで資金を集めることです。

Wikipediaでは下記のように書かれております。

クラウドファンディング(英語:crowd funding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。

 

では実際にどのような人が使ってどのように資金を集めるのかを説明いたします。

クラウドファンディングで資金を集められるのは一般の個人、企業です。つまり基本的には誰でも利用することが可能なのです。

しかし当然誰でも資金を集めれるわけではありません。

資金を集めて何をしようとしているのか(プロジェクト)、何故それが必要なのか、実際にお金が集まったらどう使うのかを明確にする必要があり、それに賛同してくれる方が投資をしてくれます。

例えば、使われていない建物を改装し、シェアハウスにしてみんなに使ってほしい、その改装にかかる費用が必要であるといったことや、今まで見たことのない新しい製品を作りたい、その開発にかかる材料や人件費などが必要といったことなどです。

その他にもアイドルを結成したい、映画を作りたいなど様々なプロジェクトが既にあがっておりますが、詳しくは後に紹介する各種クラウドファンディングサービスを実際に見ていただければと思います。

 

そのプロジェクトを見て賛同した方が投資をするわけですが、投資をされた段階で資金が入ってくるわけではなく、資金が必要となった人(以下起案者)がプロジェクトを始めた段階で目標金額と期限を決めておき、期限内に目標金額に達成した場合のみ資金が入ってくるという仕組みになっております。

また期限内に目標金額に達成し、資金調達に成功した起案者は、投資してくれた一人一人に対し、投資金額に応じてお礼(リターン)をする必要があります。

それはプロジェクト開始時に決めておくのですが、実際に何か物を送るのもいいですし、何かの権利を与えてあげることなどでも構いません。

例えば映画制作プロジェクトを立ち上げ成功した場合

  • 1,000円投資してくれた方には心からのお礼メールや手紙を
  • 3,000円投資してくれた方にはお礼メールとお菓子セットを
  • 5,000円なら3,000円の場合のリターンに加え、映画無料券を
  • 10,000円なら5,000円の場合のリターンに加え、映画出演ができるという権利を

といった感じです。

クラウドファンディングはアメリカのKickstarterが有名で、ここ数年で日本でも運営企業(サイト)が複数登場してきております。

クラウドファンディングサービスの紹介

それではいくつかクラウドファンディングサービスをご紹介いたします。

kickstarter(キックスターター)

スクリーンショット 2014-08-12 18.32.38

アメリカのクラウドファンディングサービスです。ここがクラウドファンディングを世に広めたといっても過言ではありません。

これまでに60,000件以上の成功プロジェクトを生み出し、10億ドル(約1,000億円)以上の支援を集めることに成功しています。

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

スクリーンショット 2014-08-12 18.31.21

日本では一番知っている方が多いかもしれません。東京に6月にオープンした森の図書室もこのキャンプファイヤーで資金を集めたことでも有名です。

READYFOR?(レディーフォー)

スクリーンショット 2014-08-12 18.32.07

日本で最初のクラウドファンディングサービスです。国際的な支援や、地域住民の支援のためのプロジェクトが多くあがっているのも特徴です。

FAAVO(ファーボ)

スクリーンショット 2014-08-12 18.33.12
地域・地方に特化したクラウドファンディングのプラットフォームです。最大の特徴は、「FAAVO宮崎」「FAAVO新潟」など、各地域のプロジェクトを専門にあつかうクラウドファンディングのサイトを、地域ごとに運営している点です。実はこの2014年8月1日にここ広島のサイト「FAAVO広島」もオープンしたばかりなのです。

スクリーンショット 2014-08-12 18.33.26

クランチタイマーはこの「FAAVO広島」(運営:株式会社Needol)のパートナー企業となっており、今後様々なプロジェクトをサポートしていく予定です。

FundingHeadlineについて

これまでに紹介したサイトの他にもまだクラウドファンディングサービスはあります。どのサイトにも魅力的なプロジェクトは多くあがっておりますが、全てのサイトを見ていくのは大変です。

そこで当社が企画立案したのが「FundingHeadline」です。

スクリーンショット 2014-08-12 18.33.56

上記で紹介したような各クラウドファンディングサービスの中で、弊社が特に魅力的と感じ、より多くの人に知ってもらいたいと思うプロジェクトをピックアップして紹介していくというものです。

今現在はプロダクト開発系のプロジェクトを主に取り上げていっておりますが、今後は他のカテゴリーのプロジェクトもどんどん紹介していきます。

最後に

いかがでしたでしょうか。クラウドファンディングによる資金集めはまだまだ日本では認知されていませんが、今後必ず資金集めの主役になっていくサービスです。

皆さんの支援で見たことのない新しいプロダクトが生まれるかもしれません。

このサービスが広まり、より世の中、地域をよくしたいと思っている方が実際に行動できる環境が整っていくことを願っております。

Resent Posts

Category