BLOG

2015年5月14日/ スマホ, マーケティング, 動画

なぜ文章だけはダメなのか!?スマホ向けサイトに動画が必要な理由

こんにちわ、只今友人の結婚式二次会で流すムービーを夜な夜な制作中の宮本です。

自分のスキルを活かして友人を喜ばすことができるってすごく嬉しいことですよね!!

動画を作ること自体も楽しいですし、自分のスキルアップにも繋がりますので、今後もどんどん引き受けようと思ってます!

 

さて、私は以前に企業が商品や施設紹介、採用案内に至るまで、コンテンツの中に動画を活用しよう!といった記事を書きました。

 

採用活動、売上アップにも使える!?今YouTube動画が熱い!

 

上記記事を書いた理由は、動画をコンテンツに入れた場合、文章だけのコンテンツよりも、より魅力を伝えることができることを伝えたかったからです。

今回も結論としてはコンテンツに動画を入れましょう!といった内容ではありますが、今度は特にスマホユーザー向けサイトやサービスで動画を使うべき理由についてお伝えします。

 

スマホは画面幅が狭い!

皆さんご存知の通り、スマホはPCに比べ画面幅が狭いですよね。

iPhone6やiPhone6Plusといった大画面のスマホも次々出てきておりますが、PCで見るときと比べるとまだまだ圧倒的に狭い。

画面幅が狭いということは、それだけWebサイトやブログの文章の折り返しが増えます。

smartphone

▲本記事をスマホで見た場合(PCで見ている方向け)

 

また、読みやすさを考慮し、文と文の間に改行を入れるといった工夫をすると思いますが、その分更にどんどん縦に伸びていきスクロール量が増えてしまいます。

 

そしてスクロール量が増えると、ユーザーは読むのが面倒になり離脱する・・・という流れになる可能性が高いのです。

 

今この記事を読んでくれているあなたも(特にスマホで見ていただいている方)既に面倒になっていませんか?(笑)

 

しかし企業側からすると、商品やサービスの魅力をより伝えたい、知ってもらいたいからこそ、多くのことを書きたいと思うはず。

また、当然文章だけではなく写真も載せますよね。

 

そうすると写真のスペース分もコンテンツが長くなります。

ではどうすればよいか?そこで動画が活躍するのです!

 

動画+文章のコンテンツにしよう

動画の場合、スクロールをする必要もなく、音も動きもあるため、最後まで見るのがあまり苦にならないのです。
(当然長すぎてはよくない。)

 

スマホの小さな画面で写真と文章を合わせて読む(見る?)よりも1つの動画を見たほうが、ユーザーにとっては簡単に情報を得ることができるはずです。

 

例えば、本記事はおよそ1,400文字の文章となっていますが、それを読む動画を作った場合、およそ3分程度となります。

1,400文字というと、一般の原稿用紙(400文字)なら3枚半に該当する量です。

その量をスマホの画面でちゃんと最初から最後まで飛ばさずに読むとなれば大変だと思いませんか?

それよりも3分の動画を見るほうが楽なはずです。

 

特にECサイトなど、一般の方向けのサービスを運営されている企業にとっては、今ではスマホユーザー向け対応は必須ですが、単純にサイトのスマホ最適化、アプリ化するだけではなく、動画を活用しコンテンツの見せ方を工夫してみることが今後必要になります。

 

appbankstore

▲マックスむらいで有名なAppBankのECサイトでは主力商品には必ず動画を入れている。

 

ただし、注意点として、動画が良いからと言って、動画だけのコンテンツにはしてはいけません。

ユーザーによっては音が出せない状況の方もいるし、パケット通信料を気にする場合もあります。

また検索エンジン対策(いわゆるSEO)の観点からもNGです。

 

以前クランチタイマーブログでも採用情報を掲載しましたが、その記事でも動画+文章といったコンテンツ構成としていました。

【スタッフ急募】クランチタイマーは“エンジニア”を探しています!

※5月14日(木)現在では募集しておりません。

 

紹介したいポイントを絞って文章を書き、もっと知りたい人向けに動画をつけるといったコンテンツの作り方がよいでしょう!

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

サイトを更新し続けているけどなかなか効果が出ないという企業の方は、是非動画を使ってみてください。

時間をかけてクオリティの高いものを作る必要はありません。

凝ってなくても、見て分かりやすい、それが一番です!

合わせて読んでほしい記事

マーケター必見!圧倒的に魅力を伝える動画事例9選
YouTubeは古い!?今Facebook動画を使うべき4つの理由
Facebook動画とYouTubeの相乗効果を狙う活用方法を考えてみた

Resent Posts

Category