BLOG

2015年3月17日/ facebook, youtube, 動画

Facebook動画とYouTubeの相乗効果を狙う活用方法を考えてみた

こんにちわ、先日WEBタッチミーティングといった勉強会にてスピーカーとして登壇させてもらった宮本です。

 

WEBタッチミーティング

 

WEBタッチミーティングとは、広島県内のWEBに関わる方々が、月に1回程度集まり、毎回2,3人の方がスピーカーとして自分の得意なことを発表するといった勉強会です。

私は「コンテンツマーケティング」と「動画の活用方法」について話しをしました。

思ってた以上に興味を持っていただき、質問もたくさんもらいました。

 

主にコンテンツマーケティングの話しをし、動画は触り程度のみだったのですが、もっと動画のことを知りたかったという声も少なくなかったので、次回また動画関連のお話しで登壇したいと思ってます。

 

さて、その動画に関して先日のブログで「Facebookの動画をもっと使おう!」といったニュアンスの記事を書きました。

 

▼先日のブログ
YouTubeは古い!?今Facebook動画を使うべき4つの理由

 

その記事では、Facebookが動画に力を入れてきたこと、その魅力について記載し、

 

ではYouTubeへの動画公開は必要なくなってくるのでしょうか!?

 

と書きましたが、今回はそのあたり、FacebookYouTubeの動画のそれぞれをどのように活用するかという点について考えてみましたので、それをお伝えしたいと思います。

Facebook動画とYouTubeの見られ方について

Facebook動画とYouTubeの活用方法について考える前に、まずそれぞれの動画がどのように見られているかについて考えてみました。

 

Facebook動画の見られ方

Facebook動画の見られ方の特徴は「たまたま流れてきて見つけた」でしょう。

 

Facebook動画の良いポイントをおさらいすると、

  • タイムラインで自動的に再生される
  • リーチが伸びる(見てくれる人が増える)
  • 「詳しくはこちら」ボタンで詳細ページへ誘導できる

 

といった点がありますが、これらのおかげで再生回数そのもの(少しでも見てもらえる確立)は高くはなります。

※詳しくは前回のブログ「YouTubeは古い!?今Facebook動画を使うべき4つの理由」をご覧ください。

 

しかしそれは自分の意思で再生しているわけではないですよね?

Facebookは通勤時間等の隙間時間に、更新されてないかなーとささっとタイムラインを見る人が多いですが、そのタイムラインにたまたま動画が流れてきて再生され、興味をもてばクリックして音を出して見るという流れになるはずです。

 

つまり、最初から自分で「こんな動画が見たい」という意思を持って見られる動画ではないということです。

 

YouTubeの見られ方

一方、YouTubeというのは、Googleで、もしくはYouTube内で時間があるときに自分の興味のあるキーワードで検索するなど、自分の意思で動画を見つけて再生することになります。

 

ですので、動画を最後まで見てもらえる確立は高いですし、少々長くても自分の見たいところにスキップして再生してもらえる確立も高くなります。

 

結果見てもらった方が顧客になってくれる確立というのは、YouTubeのほうが高くなるというのは理解いただけると思います。

 

Facebook動画からYouTubeへ誘導してみよう

Facebook動画、YouTubeそれぞれの見られ方について整理したところで、私が今から動画をビジネスに活かしていく上でお勧めしたい、また私自身どんどん試していきたいのは、何か動画をアップする際は、Facebook用の短い動画と、YouTube用(本番)の動画の2つを作り、それぞれにアップするということです。

 

Facebook動画はあくまでYouTubeへの集客のための動画という位置付けです。

タイムラインで自動再生されるというFacebook動画の特性を利用し、まずは多くの人に短い動画を見させる、それで興味を持ってもらえれば「詳しくはこちら」機能を使いYouTubeページへ飛ばすというやり方です。

 

facebookからYoutubeへ誘導

 

なぜ動画を分けるかというと、Facebook動画の場合はタイムライン上で音無しで自動再生されるという点があるからです。

 

ですので、テロップを入れる、入れ無くても何を伝えたいかがすぐ分かる動画にするなど、およそ5秒以内で興味を持ってもらえるような工夫をします。

 

一方YouTubeはそのようなことを意識せず、ストーリー性を持たせてしっかりとした動画を作るということです。

 

分かりやすく言いますと、テレビ番組とCMのような関係を作るイメージです!

CMが魅力的だと、その番組を見てみたい!と思いますよね。

 

それと同じで、これまではFacebookにYouTubeへのリンクを貼ると、自動再生されるわけでもなく、単なるリンクのシェアという扱いになるため、リーチを伸ばすのが難しい、CM的要素と考えても魅力が少ないというものでした。

 

しかしFacebookそのものに動画をアップすることにより、それらが解決され、またその見られ方を考えると上記のような方法に可能性を感じた次第です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した方法は、あくまで私の考えであり、これで高い効果が生まれるかと言われれば今は分かりませんという答えになります。

 

しかし、YouTubeに対抗(?)して動画に力を入れてきたFacebook、どちらを使えばいいか?という考えになるのではなく、それぞれの特性を活かした活用方法を見極めて使っていくことがこれから必要になってくると思います。

 

皆さんも今回紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

そして他にいい活用方法があれば教えてください!

Resent Posts

Category