BLOG

2015年3月7日/ DMM.make, シェアオフィス, ものづくり

テレビCMでも話題の名所「DMM.make AKIBA」に行ってみた!

新しいモノには目がない広報植田です。

使い方がわからなくたって大丈夫!
だって、持っているだけでオシャレに見えることが大切なので。。

ということで、ビートたけしさんと一緒に施設内を見て回るというテレビCMでおなじみの「DMM.make AKIBA」へ行ってみました。

 

とはいえ「DMM.make AKIBA」って、なんぞや!? という方もいらっしゃると思うので簡単に説明します。

 
DMM.make AKIBA」とは

  • ハードウェア開発に必要な最新の機材を取り揃えた「DMM.make AKIBA Studio」
  • シェアオフィスやイベントスペースなどビジネスの拠点として利用できる「DMM.make AKIBA Base」
  • ハードウェア開発のトータルコンサルティングを行なう「DMM.make AKIBA Hub」
  •  

    以上の3つから成り立つ、秋葉原に誕生したハイテク施設なのです。

    そのハイテク施設内にある機材の投資額は10億円以上という噂に吸い寄せられて、いざ潜入!

     

    待ち合わせ場所

    施設内を見るにはどうすればいいのか調べてみると「見学ツアーは下記日時で開催しております」との情報をゲット。

     
    見学ツアー

    • 月~金曜日 11:50 / 20:50(祝日/休館日を除く)
    • 所要時間は30分程度で、申し込みや登録は不要
    • 富士ソフト秋葉原ビル1F Familymart前の看板付近に集合
    •  

      ということで、本当に大丈夫かと少々不安を抱きながらも現場へ到着です。

       
      DMM.make入口

      5分前でしたが2人の先客がいて、その後もなんだかんだで10人くらいは集まってきました。

      平日は毎日見学ツアーがあるにも関わらず、さすがの人気ぶりに感心しながら3名のスタッフさんの軽い事前説明を受けて、いよいよ施設内への旅の始まりです。

       

      フロアの様子

      富士ソフト秋葉原ビルの10F〜12Fの3フロアに渡りシェアスペースがあるのですが、ツアーは10Fからです。

      とその前に、エレベータを降りて施設内に入るといきなりこんな光景が目に入ってきました。

       
      dmm_看板

      ウッドを敷き詰めたフロアも素敵なのですが、壁に黒板が並べてあり、そこに今まさに生み出されているアートが印象的でした。

      その先にあるのが、最先端設備の整ったStudioです。

       
      dmm_工具

       
      dmm_小道具

      自由に使っていい工具や小道具が出迎えてくれます。

       
      Studio

       
      機材_01

       
      機材_02

      そして、説明を受けてもいまいちなにに使うのかよくわからないとはいえ、大型の機械を目の前にテンションが上がります。

      作業スペースも洗練されていて、会員の方が作業をしている姿は最新の町工場といったところでしょうか。

       
      Studio_天井

      なんでも、このStudioスペースはもともと撮影スタジオだったそうで、その名残の照明があります。

      そのおかげもあってか天井もかなり高く余裕があるので、開放感も作業効率が上がる要因になるかもしれません。

       

      10Fには他にも目的に応じた機材の置いてある個室が準備してあり、会員用ロッカーなども常備されています。

       
      リフレッシュスペース

      堅い雰囲気ばかりでなく、リフレッシュスペースがあるのもユーザには嬉しいはずです。

       

      11Fは本格的な3Dプリントの設備が整っていると軽い説明があった後、12Fへ移動。

       
      イベントスペース

      カフェに併設されているイベントスペースには、スタイリッシュなイスが並べられており、お昼どきだったのでランチミーティングをしている方々もいました。

      こういった光景も今までのモノづくりの現場にはなかったものでしょう。

       
      コワーキングスペース

      その先にあるコワーキングスペースも多くの人で賑わっていました。

      少し前に世間で話題になった最新技術を用いたプロジェクトチームが打合せしている姿には感銘を受けました。

       
      オフィススペース

      個室のオフィススペースとミーティングルームを見せてくれるのですが、このあたりでツアーもそろそろ終了だと思ってください。

      ツアーの〆は円卓の会議室を案内された後の軽い質疑応答です。

       

      おわりに

      ということで、「DMM.make AKIBA」に行ったという報告を兼ねて簡単に紹介させてもらいました。

      最先端技術を駆使した機械たちを前に無力さも感じましたが、なんかスゴイ! というオーラをビシビシと感じた次第です。

      ここ数年、広島でもシェアオフィスが増えており、我々もport.inc(ポートインク)というシェアオフィスに拠点を置いています。

      とはいえ、広島にはまだハイテク機材を完備したシェアオフィスはないので、我々がつくるかも。。です。

      ご興味のある方は是非遊びに来てください!

       

      ということで、クランチタイマーブログで取り上げて欲しい! という場所やサービスがあれば、広報植田が対応させていただきますので「こちら」からお気軽にお問い合わせください。
      (※メーラーが立ち上がりますので、件名に「取材依頼」と入力してメッセージをください)

       

Resent Posts

Category